手助け情報サイト

スポンサーリンク

タクシー予約や配車の方法について


あらかじめタクシーを利用する時間と場所が分かっていれば、事前にタクシーを予約しておくと便利ですね。

タクシーを指定した時間に指定した場所に配車してもらうためにタクシーを予約するのです。

予定した時間と場所に空車のタクシーがあるとは限りません。

タクシーがたくさん通るといっても、確実に空車のタクシーを捕まえることができるとは限りません。

そこで、確実にタクシーを確保しておくために、タクシーを予約する方法について紹介しますので参考にして下さい。

タクシー会社や地域によって若干の違いがあるとは思いますが、タクシー予約のための基本的な内容をまとめています。

 

スポンサーリンク



 

タクシーを予約する方法

 

基本的に、タクシー会社は24時間、365日対応で人が交代して変わってもタクシーは走り続けています。

タクシーを予約するためには、事前にタクシー会社のコールセンターに電話をして空車のタクシーを配車してもらいます。

 

タクシーが必要な時に、今いる場所に近くにいるタクシーを配車してすぐに来てもらうこともできますが、近くに空車のタクシーがない場合は、断られたり、遅くなったりすることがあります。

ですので、あらかじめタクシーを使う場所と時間が分かっていて確実に空車のタクシーを利用したい場合は時間指定、お迎え場所指定してタクシーを予約しておいたほうがいいです。

 

1台だけでなく、人数が多い場合は人数に応じて2台口、3台口と予約できます。

ただし、天候や時間帯によってはタクシー会社のコールセンターが混み合うことがあるので、日にちや時間に余裕をもって予約することをおすすめします。

だいたいタクシーの予約は1週間前から当日までの受付が可能のところが多いです。

 

電話以外でも、インターネットからの予約受け付けをしているところもあります。

タクシー会社によっては、自宅や会社などを事前に登録しておくことで、コールセンターの人を介さずに自動で配車されるシステムを導入しているところもあります。

 

自宅や会社からタクシーをよく利用する人は、このようなシステムがあるタクシー会社に登録しておくことでコールセンターが混雑してつながらなくても、タクシー予約が可能になるのでとても便利です。

大きな荷物や荷物の数が多くて運べるかどうか心配な場合は事前に問い合わせしておくと安心です。

 

たとえ近距離でも、まず断られることはないので安心ください。

また、けっこうな長距離の場合は、事前に行き先を言って可能かどうか問い合わせておくといいです。

車椅子の利用など事前に分かっていればその旨をあらかじめ言っておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク



 

スマホ配車アプリの利用によるタクシー予約について

 

一番便利なタクシーの配車予約の方法は、スマホ配車アプリの利用です。

 

スマホ配車アプリは、全国のタクシー会社(登録会社のみ)対応のものや、そのタクシー会社専用のアプリなどいろんなアプリがあります。

スマホからタップするだけで空車のタクシーを予約配車でき、配車されたタクシーの現在地も分かるので、どこまで来ているのかリアルタイムに分かるので安心です。

 

「今すぐ配車」や「時間指定配車」も可能で、お迎え場所も指定できます。

 

タクシー予約の料金について

 

タクシーを予約した場合、お迎え料が無料の会社と有料の会社とあります。

有料の場合、お迎え料(迎車代金)は数百円くらいです。(会社によって違います)

時間指定して予約した場合は、指定した時間になるとメーターを入れることが多いので、指定した時間に遅れてしまう、タクシー料金は時間でもメーター料金は上がっていくので割高になる可能性があります。

 

また、時間指定していなくてもタクシー到着から5分くらいたつとメーターを入れることが多いので、タクシーを待たせないように気を配りましょう。

タクシー予約のキャンセルの場合は、、キャンセル料がかかる会社とかからない会社があります。

タクシーを予約している場合は、予約したタクシーを待つのが礼儀です。

なかには、空車のタクシーが先に通ったので手を上げて乗り込む人もいますが、予約したタクシーが向かっているので配車されたタクシーが無駄足になってしまいます。

 

また、予約した同じ会社のタクシーが来たからといって、すぐにそのタクシーに乗るのは控えましょう。

予約したタクシーかどうか確認しましょう。

タクシー利用が多い場所であれば、何人もが予約して重なっている場合もあるので、乗り間違いなどのトラブルになります。

配車された予約タクシーはは「回送」表示になっていますので、予約した自分の名前を言って確認してから乗るようにしてください。

 

ただし、予約したタクシーがなかなか来なくて、急いでいる場合は、空車のタクシーに乗ってもしょうがないでしょう。

その場合は、必ず予約した会社にキャンセルの一報を入れるようにしましょう。

 

また、観光などでタクシーを利用したい場合は、タクシーの貸し切り予約も可能です。

貸し切りタクシーの台数と何時から何時までの何時間という情報が必要です。

観光する場所や道の混雑状況によって必要な時間は変わりますのでタクシー会社と相談して決めて下さい。

今一番便利なタクシーの配車予約の仕方は、スマホ配車アプリの利用です。

 

ハイヤーとは?予約と料金について

 

ハイヤーとタクシーは違います。

 

タクシーはタクシー乗り場や、街を走っての流し、無線配車などで利用できますが、ハイヤーは完全予約制でしか乗ることはできません。

料金体系もハイヤーとタクシーは違っていて、タクシーは、基本的に時間と距離によるメーター制ですが、ハイヤーは、専属の貸し切り制で営業所の車庫から出て車庫に戻るまでが料金対象になります。

 

料金としては、ハイヤーは貸し切り制なので通常のタクシー料金よりは割高になります。

また、タクシーは予約なしでも乗れますが、ハイヤーを完全予約制なので予約なしでは乗ることはできません。

 

タクシーを事前に予約して、ハイヤー仕様として専属の貸し切りとして利用することもできます。

この場合は、タクシーの貸し切り料金で利用することは可能です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク