手助け情報サイト

スポンサーリンク

郵便局の再配達依頼の受付・時間帯や追跡について

「ご不在連絡票」がポストに入っていたら、郵便物を受け取るとるためにわざわざ郵便局の窓口に受け取りに行くのも大変なのでもう一度再配達してもらいたいですよね。

郵便局の再配達依頼の受付や時間帯や追跡について紹介していますので参考にしてください。


スポンサーリンク



 

郵便局の再配達の受付・時間帯について

 

郵便物はポストに入ればそのまま投函されますが、下記の場合は手渡しになります。

 

1.郵便物がポストに入らないサイズの場合

2. 受領印かフルネームの署名が必要な場合

 

種類としては、

 

・書留(簡易書留含む)
・ゆうパック
・レターパックプラス(レターパック500)
・エクスパック
・代金引換(コレクト含む)
・EMS・保険付き・関税付き
・ポストに投函できないサイズの場合
・受取人払郵便
・領収証書を発行した料金不足郵便および着払ゆうメール

 

などになります。

 

この時、受取人宅が不在の場合に「不在配達通知書(ご不在連絡票)」がポストに入ります。

「不在配達通知書(ご不在連絡票)」は、地域によっては書式は異なりますが、基本的には下記の情報が記入されています。

 

・受取人の名前
・差出人の名前
・配達日時
・保管期限
・追跡番号(お問い合わせ番号)
・郵便物等の種類

 

※再配達の受付ができる時間帯は、再配達の申し込み時刻や地域によって異なりますので注意してください。

 

郵便物を再配達依頼するためには、再配達受付連絡先に連絡する必要があります。

「不在配達通知書(ご不在連絡票)」に書かれている再配達の流れを確認してください。

 

再配達依頼には下記の方法があります。(上から順番に簡単です)

 

1.配達ドライバーに電話する。電話番号は「不在配達通知書(ご不在連絡票)」に記載してある。

 

2.24時間自動受付電話に電話する。

 

自動音声に従って、再配達の希望時間帯を選択します。

・午前中
・12~14時
・14~17時
・17~19時
・19~21時

 

3.インターネットで再配達を依頼する。

 

日本郵便Webサイト
https://trackings.post.japanpost.jp/delivery/deli/

から再配達の申し込みをします。

 

4.郵便・FAXで依頼する。(勤務先・近所の方への配達・小さい郵便局で受け取りになります)

 

申し込み日の翌日以降に再配達の受け取りができます。

 

5.コールセンターに再配達依頼の電話をする。

 

6.配達を受け持つ郵便局の窓口で受け取る。(事前連絡必要な場合があります)

 

ただし、「ご不在連絡票」と印鑑、本人確認ができるものが必要です。

 

があります。

 

スポンサーリンク



 

LINEを利用した再配達依頼や追跡について

 

スマホのLINEトーク上で再配達依頼の申し込みができます。

利用前に、「ゆうびんID」というアカウントを作成して、LINEと連携しておく必要があります。

 

LINEで「ぽすくま」と検索して、郵便局【ぽすくま】を見つけて友達の追加をします。

トーク画面のメニューから「利用登録」をタップして新規会員登録をします。

 

そして、「ゆうびんID」(メールアドレス)とパスワードを作成します。

登録した「ゆうびんID」でログインすると日本郵便とLINEのシステムが連携されます。

 

再配達の依頼の仕方は、簡単で郵便局【ぽすくま】のメニューの「再配達の申し込み」をタップすると、LINEのトーク上に、すぐに「再配達の依頼」とトークされて、

 

「荷物の再配達をはじめるよ
お問い合わせ番号を入力するか、不在連絡表に貼り付けているレシートのQRコードを
スマートフォンで撮って送ってくださいね」

 

とトークが返信されてきます。

 

そして、24時間自動受付電話による自動音声ガイダンスと同じ流れで再配達の申し込みができます。

 

郵便局【ぽすくま】では、LINEのトーク上で再配達の申し込みだけなく、

 

・荷物の追跡

・集荷の申し込み

・配達のお知らせ

・切手の購入

・転居届の受付

 

などが利用できるのでとても便利です。

 

さらに、ゆうパックや各種書留などの追跡も、LINEのトーク上でできるのでスマホで荷物が今どこにあるのか確認できるので重宝しますよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク