手助け情報サイト

スポンサーリンク

高校野球の大会(春季・秋季)の組み合わせや速報の紹介です


野球は少年野球から高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球といろいろあり、

それぞれ楽しくおもしろいですが、なんといっても高校野球が一番人気が有るのではないでしょうか?

 

野球の好きな少年が、まず目指すのが「甲子園」に行くことです。

そして、応援する側の野球部OB、先生、父兄、地元の人たちが盛り上がるのも地元の高校が甲子園に出場することです。

 

そこで、高校野球の春季大会、秋季大会の組み合わせや結果速報など高校野球の試合情報について紹介していますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク



 

高校野球の大会について

 

高校野球は、下記のように1年間でいろんな大会があります。

 

・選抜高等学校野球大会

・春季都道府県大会

・春季地区大会

・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会)

・全国高等学校野球選手権大会

・国民体育大会(国体)

・秋季都道府県大会

・秋季地区大会

・明治神宮野球大会(神宮)

・その他(新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯など)

 

それぞれの大会について紹介します。

 

・選抜高等学校野球大会

 

この大会は、春の甲子園のことで「センバツ」と言われます。

3月下旬~4月上旬にかけて開催され、選抜された32校で行われます。

選抜されるためには、一般選考28校枠、明治神宮枠1校、特別選考の21世紀枠3校の中に入らなければいけません。

 

一般選考28校枠に入るには、秋季地区大会の成績で、ある程度の成績を残す必要があります。

いろんなハンデを乗り越えて頑張った高校は、特別に21世紀枠で選ばれる可能性があるのでそれも楽しみの一つです。

21世紀枠は全国でたった3校ですが、秋季地区大会で善戦すれば候補にあがることが可能な高校はたくさんあります。

 

・春季都道府県大会

 

地域によって開催時期は異なります。

成績が優秀な高校は春季地区大会へ進出できます。

この大会の結果が、夏の地方大会のシード校を決定する材料になります。

 

・春季地区大会

 

北海道、東北、関東(東京都含む)、北信越、東海、近畿、中国、九州の9地区で地区大会だけが開催されます。

全国大会はありません。

 

・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会)

 

6月中旬から7月にかけて開催され、優勝校は夏の選手権大会に出場できます。

3年生にとっては最後の公式大会なので、負けた時が「引退」の時になります。

この大会で3年生は引退し、1・2年生による新チームが結成され新しく出発します。

 

・全国高等学校野球選手権大会

 

毎年8月に開催される夏の甲子園のことです。

「選手権」とも言いますが、正式には「全国高等学校野球選手権大会」と言います。

 

全国の各地方大会(6月中旬から7月下旬)のトーナメント戦を勝ちあがってきた高校が出場できます。

出場校できるのは全国で49校です。(記念大会では56校)

各都道府県から1校ずつと、北海道と東京都は2校の合計49校です。

 

春のセンバツもおもしろいですが、夏の甲子園は地方予選からトーナメント戦を勝ち上がってくるので、しだいに盛り上がり、

いろんなドラマもあるので人気がある大会です。

 

大深紅旗を獲得するために全国が熱く燃える負けたらそこで終わりのトーナメント戦です。

 

スポンサーリンク



 

・国民体育大会(国体)

 

夏の甲子園が終わったあとの、10月に開催されます。

高校生活最後の3年生中心のチームで参加する12校のトーナメント大会です。

 

この大会を最後に3年生は引退となります。

12校の内訳は、夏の甲子園での成績上位の高校から選考された11校にプラスして、開催地枠1校です。

 

・秋季都道府県大会

 

夏の甲子園が終わり、3年生が引退したのちの1年生、2年生での新チームによる最初の公式戦の大会になります。

トーナメント戦で地域大会を勝ち上がり、都道府県レベルの地区大会への出場校を決定します。

 

・秋季地区大会

 

明治神宮野球大会の予選を兼ねた大会で10地区(北海道、東北、関東、東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州)

で地区大会が開催されます。

各地区大会の優勝校が神宮大会出場権を獲得します。

 

・明治神宮野球大会(神宮)

 

毎年11月に開催され、秋季地区大会で優勝した10チームのトーナメント戦です。

夏の甲子園を終えて、3年生が抜けて新チーム最初の全国大会になります。

 

各地区大会で優勝したチームが出場するので、強豪同士の戦いになります。

出場チームは、翌年のセンバツ甲子園に選ばれる可能性が高いチームなので、春のセンバツ甲子園の前哨戦みたいなものです。

この大会で優勝した所属地区は、翌年のセンバツ甲子園の一般選考枠の出場枠が1つ余分にもらえる特典があります。

 

・その他

 

新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯などがあります。

野球用品の紹介


スポーツ用品の「リンドスポーツ」はテーピング・トレーニング用品・ストレッチング用品・ケア用品などを中心としたスポーツ用品全般を取り扱っていて、全国の学校・社会人チーム・プロチーム・クラブチームでも多くの人に愛用されています。

野球用品も良品を多数取り扱っていますので、参考にして下さい。



スポーツ用品のリンドバーグ

 

 

このような高校野球の大会の組み合わせや速報がわかるサイトを紹介します。

 

高校野球ドットコム
http://www.hb-nippon.com/

 

では、全国の高校野球の試合の情報(組み合わせ、速報結果)を公開しています。

地区予選から全国大会の観戦レポートなどもあるので、高校野球の情報収集にとても役立ちます。

 

また、

 

バーチャル高校野球
http://www.asahi.com/koshien/

では、高校野球に関する動画やニュース、写真など様々な情報を公開しています。

高校野球を楽しむために欠かせない情報サイトです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク